blog_h12

グラフィックデザイン

チラシデザインの現場

2017/10/13

自社サイトのリニューアルをしていて懐かしいファイルが出てきました。
これは過去の制作実績の紹介で、チラシのデザイン。
ひとくちにチラシと言っても、お客様によって目的も方向性も千差万別。
これまで様々なチラシを制作させていただきましたが、
中古車販売店のチラシ制作は初めてで色々と新鮮でした。

blog_w4

チラシと言えば何はともあれ商品写真ですが、
このチラシの車の画像は営業さんがお仕事の合間にデジカメで撮影されたものです。
よほど大型店舗のチラシでもない限り、
商品写真はショップの担当者様が撮影されることも少なくありません。
そして入稿ギリギリまで商品が決まらないこともあり、時間との戦いになります。

商品写真の加工

撮影していただいた画像データはメール等で送っていただくのですが、
撮影した日の天候、場所、時間により仕上がりはバラバラです。
まず、送られてきた画像には背景に景色が写っていますが、必要ないので全て切り抜きます。
切り抜き作業で一番難しいのはタイヤです。
タイヤ周りは車体の影で黒く潰れていることが多く、想像での切り抜くことになりますが、
タイヤの形は少しでも歪んでいると不自然さを感じるのでとても気を使います。

またボディへの景色の写り込みは修正が難しく、ある程度妥協するしかありませんが、
フロントガラス、窓ガラスへの写り込みはしっかり修正します。
この修正作業によって車がグッと引き締まるので大切な作業です。
修正内容はシンプルで、ガラスにうっすらと空の画像を合成するのですが、
空の画像をガラスの形に切り抜く必要があり、数が多いとマスク作成に結構な時間が掛かります。

そして最後に地面との合成です。
このチラシの場合は石畳の上に停車して少しでも車を魅力的に。
切り抜いた車を石畳の画像の上に合成し、車体の影をつければ完成。
この作業をやるとやらないでは大違い、これで車が一気に魅力的に見えます。
後は画像のコントラスト、明るさ、色調、彩度などを調整して完成です。
チラシの表面には11台分の画像がありますが、
この切り抜き合成作業だけでほぼ1日仕事。
裏面の分も入れると約1日半は切り抜き合成ばかりしていました。
慣れればもっと早くできると思いますが、それでも1日は掛かると思います。

チラシデザイン制作

ここまでくればできたも同然。あとはデザインになりますが、
ご覧のとおり、自由にデザインできるスペースはほぼヘッダー部分のみ。
あとは要素ギッシリですので、
色調の統一とか、写真の角アールとか、ガーリーなデザインをあしらうとか、
お客様のご要望であった女性らしさを意識した明るいデザインに統一しています。
限られた要素の中で女性らしさを表現するため、書体には気を使いました。
書体を変更するだけでイメージは大きく変わります。
見出しは丸ゴシック、数字はフーツラ、その他も柔らかい書体にしています。

そしてメインの女性のイメージ画像ですが、
これは素材集の人物画像を使用しています。この画像はお客様にも好評でしたが、
「明るく、可愛く、健康的な、若い女性の、良い表情」の画像を、
毎回素材集で用意するのは難しく、またモデル撮影をするほどの余裕もありません。
それでも素材集のモデル画像を使用したチラシはシリーズで4〜5回程で続き、
モデル写真がネタ切れになった頃に終了となりました。

-グラフィックデザイン

pick up

blog_h8 1
Jimdoの旧レイアウトでボタン機能のデザイン変更

いつの間にかJimdoにボタン機能が追加されていました。とても便利な機能ですが、 ...

blog_h11 2
Jimdoでトップページのブログ表示をデザインする

Jimdoの「ブログ表示」はとても便利な機能ですが、ホームページ内で使用する場合 ...

blog_h9 3
Jimdoのホームページ制作でページごとにデザインを変える場合

Jimdoではひとつのホームページにはひとつのテンプレートしか設定できません。独 ...