blog_h15

グラフィックデザイン

DM制作の現場

自社サイトのリニューアルをしていて懐かしいファイルが出てきました。
これは過去の制作実績の紹介で、
エスニック系雑貨販売店さんのDMデザイン制作です。
ひとくちにダイレクトメールと言っても
バースデーカード・ウエルカムカード・セール案内・キャンペーンカード等々、
その時々において様々なスタイルがあります。

このお仕事ではデザイン制作の前に使用するフォントのセレクトから始まりました。
ヘルベチカ、フーツラ、ユニバース等ベーシックなものからデザイン書体まで、
実際に入れるコピーを様々なサンセリフ書体で出力して打ち合わせを行いました。
その後にデザイン制作に進んだのですが、
ここで大きな問題が発生。
イメージ写真をこちらでご用意しないといけなくなったのです。
しかも南アジアをイメージできる画像をご希望で、インドがベストとのこと。
当初は、花や空など当たり障りのない素材画像の使用を考えていました。
実際にそれらを使用してラフデザインを提出させていただきましたが、
やはりイメージとは違うとのお返事。
ストックフォトで探せばイメージ通りのものは見つかるのですが、
制作予算の都合もあり、なかなか難しい状況でした。
もう写真は入れずパターンやタイポグラフィでデザインすることも検討しましたが、
ここでミラクル発生!
なんと知り合いのカメラマンさんが撮影していたインドの写真を
格安で使用させていただけることになり一件落着!
ありがとうございました〜。

モノクロ4色って

画像でセピア調に見える写真はもとはカラー写真です。
それを印刷会社さんに反射原稿として入稿し、
色指定を入れた出力見本に合わせて、モノクロ4色でセピア調に印刷していただきました。
まだネット印刷が主流でない頃は、手書きで細かい色指定をいれていました。
時間のない仕事でしたが色校正は一発OK、短納期でもしっかり仕上げていただきました。
モノクロ4色は一般的な白黒と違い、白黒をCMYK4色で表現しています。
特定の色味を強調したりと、深みと味わいのあるリッチな表現が可能です。
これはまだ10年程前の制作ですので、
こうして振り返ると、ネット印刷はこの10年で急速に浸透していったんですねー。

ネット印刷

DMやチラシなど、最近ではネット印刷を利用される機会が多いかと思いますが、
基本的にネット印刷では入稿データをデザイナーが用意します。
写真などの反射原稿も、デザイナーが写真をスキャンし、Photoshopで色調を調整し、
“あとは機械が印刷するだけ”の完全データとして制作し入稿することになります。
価格的には一般的な印刷会社さんに依頼するよりも安価ですが、
それは印刷することだけに特化しているからです。
しかし、このシステムをネット上に構築したことはスゴイと思います。
これまでのように営業さんが必要なくなり、
これまで以上に制作行程の無駄がなくなり、
結果的に安定した品質と低価格を実現しています。
また、最近はデザイン制作もセットになった印刷サービスも増えてきています。
デザイナーとしてはとても困った問題ですが、
基本的にはテンプレートを使ったデザインになると思いますので、
オリジナリティを出したい時には是非ともご相談ください。

そんなこんなで完成した各種DMですが、
右下のものだけ少し雰囲気が違うデザインになっています。
その他のデザインに比べて、爽やかな明るいイメージになっています。
これはお客様のご意向で、
もう少し万人受けするものにしたいとの方向転換だったのですが、
個人的にはその他3枚の方がドラマチックで好みです。

-グラフィックデザイン

pick up

blog_h8 1
Jimdoの旧レイアウトでボタン機能のデザイン変更

いつの間にかJimdoにボタン機能が追加されていました。とても便利な機能ですが、 ...

blog_h11 2
Jimdoでトップページのブログ表示をデザインする

Jimdoの「ブログ表示」はとても便利な機能ですが、ホームページ内で使用する場合 ...

blog_h9 3
Jimdoのホームページ制作でページごとにデザインを変える場合

Jimdoではひとつのホームページにはひとつのテンプレートしか設定できません。独 ...